2019年4月14日(日) | 喫茶茶会記

『啄木といふ奴』A GUY CALLED TAKUBOKU@喫茶茶会記(四谷三丁目)2019.4.14(日)

出演:おとがたり 朗読とヴァイオリンの世界 長浜奈津子(朗読) 喜多直毅(ヴァイオリン) 『啄木といふ奴』A GUY CALLED TAKUBOKU 尖りながら、傷付きながら生きてゆく…三行に込められた青春と恋、挫折、悲しみ。朗読とヴァイオリンで描く石川啄木の世界。 内容:石川啄木作品の朗読とヴァイオリンの演奏 日時:2019年4月14日(日)13:30開場/14:00開演 会場:喫茶茶会記(四谷三丁目)東京都新宿区大京町2-4 1F 電話:03-3351-7904

日時・場所

2019年4月14日(日)
喫茶茶会記, 日本、〒160-0015 東京都新宿区大京町2−4

イベントについて

2019年4月14日(日)

『啄木といふ奴』A GUY CALLED TAKUBOKU

尖りながら、傷付きながら生きてゆく…

三行に込められた青春と恋、挫折、悲しみ。

朗読とヴァイオリンで描く石川啄木の世界。

出演:おとがたり

   長浜奈津子(朗読・歌)

   喜多直毅(ヴァイオリン)

内容:石川啄木作品の朗読とヴァイオリンの演奏

日時:2019年4月14日(日)13:30開場/14:00開演

会場:喫茶茶会記(四谷三丁目)http://gekkasha.modalbeats.com/

   東京都新宿区大京町2-4 1F

   03-3351-7904

料金:予約¥3,700/当日¥4,200(共にワンドリンクオーダー)

ご予約・お問い合わせ:

   violin@nkita.net(喜多)

   nappy_malena@yahoo.co.jp(長浜)

※小学生以下のお子様はご入場頂けない場合がございます。

『啄木という奴』・公演に寄せて・

子供時代、神童と呼ばれ、己の才を信じながらも挫折に満ちた人生を歩んだ石川啄木。

しかしその短い一生の間に詠まれた歌の数々は才気とインスピレーションに溢れ、今尚読む人々に鮮烈な印象と感動を与える。

恋慕、憧れ、望郷、病、そして生きる哀しみを情感豊かに歌う一方、感傷から身を置き、ナイフのごとく社会や人間存在に鋭く切り込む短歌も豊富である。

日常の“点”の様な風景や心理、記憶、想像の世界…、これらをたった三行の三十一文字で表現し、読み手のイマジネーションに強い翼を与える彼はやはり天才と呼ぶに相応しい。

今回は彼の短歌の数々を朗読するが、それぞれの短歌の持つ意味ばかりではなく、一首と一首の“間”に広がるものにも心を向けたい。

また女声によって朗読される時、彼の短歌の質に何らかの変化が起こるはずである。

まるで啄木の人生に登場した女性達が、彼の俳句を声で辿る。

これにより啄木の作品に別な角度から光をあて、別な魅力を引き出すことが出来るのではないかと思う。

啄木作品とヴァイオリンのコラボレーションは非常に珍しいが、啄木が肌で感じた風や雨、芸者小奴の肌の温み、脳裏に浮かぶ故郷の山や川、また挫折によって味わった苦さまで、五感に基づいた音楽づくりを行いたい。

このイベントをシェア

Contact Us

Copyright (C) 2018 OTOGATARI All Rights Reserved.